塩化アルミニウム液による多汗症治療を解説しています。

塩化アルミニウム液の多汗症のへの効果

塩化アルミニウム液

塩化アルミニウム液を使った多汗症の改善方法も結構有名です。実際に制汗剤にも使用されているので、その効果はある意味では実証されていると言ってもいい方法になります。

 

とは言っても塩化アルミニウムの水溶液を入手するには医師の処方箋が必要になってくるので手に入れること自体が結構難しいです。そのため塩化アルミニウムを利用している商品を利用するのが一番現実的な方法になります。

 

一定の効果のある塩化アルミニウムなので利用する価値はありますが、市販の制汗剤に使われていることから考えても、あまり症状が強くない多汗症の改善に効果的だと思ったほうがいいです。

 

そんな塩化アルミニウムを使った多汗症の改善ですが、副作用などはあるのでしょうか?やはりどんな感じで身体に影響を与えるのか気になるところではないでしょうか。

塩化アルミニウムでの多汗症治療の副作用

塩化アルミニウム液副作用

塩化アルミニウム液を使った多汗症ではワキの多汗症に効果が高いですが、手のひらや足の裏の多汗症には効果があまりないという話もあります。このあたりは塩化アルミニウムの濃度によっても効果が違ってくるので一概には言えないですね。

 

塩化アルミニウムにも使用する際の副作用はしっかりとあります。塩化アルミニウム液を長期間使用すると皮膚がボロボロになってしまいます。そのため塩化アルミニウム液を利用する際には、皮膚のかぶれやかゆみなどの副作用を覚悟しないといけないです。

 

そう考えると顔などの多汗症に利用するのはあまりお勧めできないですね。顔に使うとしたらかなり濃度を薄くしたものを利用するようにした方がいいと思います。

 

多汗症の改善には他にも色々な方法があるので、自分の多汗症の場所などをかんがみて、どれがよさそうなのかチェックするといいと思います。当サイトでも色々な方法を紹介しているのでチェックするといいと思います。